【体操・ダンス】<NHK>2020応援ソング「パプリカ」【保育】運動会や発表会のダンスに!

NHKの2020応援ソング「パプリカ」!
保育園や幼稚園で子どもたちが毎日のようにくちづさんで踊っていますよね! 「パプリ~カ、花が咲い~た~ら~♪」のフレーズが頭から離れない先生も多いのではないでしょうか?(笑)

子どもたちが嬉しそうに歌って踊る姿をみて、運動会や発表会のダンスとして保育に取り入れたいと考えている先生も多いはず!
そこで今回は、幼児が「パプリカ」を踊る際に役立ちそうな動画を集めてみました。実際に踊っている様子や練習用動画もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはお楽しみ会や発表会、ダンススクールなどで実際に幼児が踊っている様子から!



注目すべきポイントは、難しい動きの簡素化、自由に踊るくだり、Cメロの扱いです。それぞれの動画で、必要に応じて子どもに合わせたアレンジがされていますよ。

公式の振付は就学前の幼児が踊るには少し難しいので、必要に応じてシンプルにアレンジしたり省略したりしてもいいかもしれません。

自由にノリノリで踊る部分はそのままでも楽しいですが、振付が決まっていた方が自信をもってしっかり踊れる場合もあります。そのあたりは子どもの様子に合わせてアレンジしてくださいね。

2番のサビ終了後のCメロは、公式の振付では手を叩いてスキップしたり、うさぎ跳びで自由に動いています。ステージの広さによっては少し危険ですし、うさぎ跳びは結構キツイです。(笑)この部分もアレンジが必要になるかもしれません。列の前後を入れ替えるなど体形移動の時間に当ててもいいですし、2つ目の動画のようにマイクを持って歌をうたうのもカワイイですね。

次に、振付を覚えるのに役立ちそうな、反転やスローの練習動画の紹介です!




子どもの前に立って向かい合って踊る場合、左右反転の鏡バージョンで踊る必要がありますので、練習を始める前にしっかりと左右を確認してくださいね。




いかがでしたか?
パプリカは「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する新しい歌」というのがコンセプトだそうです。
作詞・作曲、プロデュースをした米津玄師さんは、子どもを舐めずに、子どもの目線を意識して楽曲制作を行ったそうですよ。子どもに人気なのも納得ですね。
普段の保育でも楽しく元気に踊って、運動会や発表会でかっこいい姿を披露しちゃいましょう!

「こどもっと」には他にもたくさんの動画があります!
紹介しきれなかったものもたくさんあるので、ぜひサイト内で検索してみてください!

2500個以上の手遊び、体操、うたなどを動画で紹介!保育士、幼稚園の先生、実習生さんのための情報共有サイト

https://kodomo-tto.com/

パプリカ(初回生産限定盤)(DVD付き)
Foorin
SMR (2018-08-15)
売り上げランキング: 46

同じようなあそび

あそびを探す

いま人気のあそび

体操・ダンス

【保育】誕生会にオススメの出し物特集!【1年中OK】

「アブラハ~ムに~は、七人の子♪」という歌いだしでおなじみの、保育現場で大人気の体操です! 動かす箇所がどんどん増えて最終的にはぐちゃぐちゃな動きになるので、子どもたちも大笑いですよ!(笑)  「右手」「左手」「右足」「左足」と、左右を意識...

体操・ダンス

【保育】七夕にオススメの出し物特集!【七夕会担当の先生方必見!】

「アブラハ~ムに~は、七人の子♪」という歌いだしでおなじみの、保育現場で大人気の体操です! 動かす箇所がどんどん増えて最終的にはぐちゃぐちゃな動きになるので、子どもたちも大笑いですよ!(笑)  「右手」「左手」「右足」「左足」と、左右を意識...

体操・ダンス

【保育】6月の誕生会にオススメの出し物特集!【梅雨】

「アブラハ~ムに~は、七人の子♪」という歌いだしでおなじみの、保育現場で大人気の体操です! 動かす箇所がどんどん増えて最終的にはぐちゃぐちゃな動きになるので、子どもたちも大笑いですよ!(笑)  「右手」「左手」「右足」「左足」と、左右を意識...

体操・ダンス

【保育】6月にオススメの手遊び15選!【梅雨・時の記念日】

「アブラハ~ムに~は、七人の子♪」という歌いだしでおなじみの、保育現場で大人気の体操です! 動かす箇所がどんどん増えて最終的にはぐちゃぐちゃな動きになるので、子どもたちも大笑いですよ!(笑)  「右手」「左手」「右足」「左足」と、左右を意識...

体操・ダンス

【スケッチブックシアター】子ども大喜び♡トントントン♪どなたです【保育】誕生会の出し物にも!

「アブラハ~ムに~は、七人の子♪」という歌いだしでおなじみの、保育現場で大人気の体操です! 動かす箇所がどんどん増えて最終的にはぐちゃぐちゃな動きになるので、子どもたちも大笑いですよ!(笑)  「右手」「左手」「右足」「左足」と、左右を意識...